GCAはフーリハン・ローキーグループの一員になりました

Projects実績紹介

国内中堅SIerの成長戦略とグローバル戦略オプション策定支援

  • 経営戦略
  • 事業戦略
  • 新市場参入戦略
  • 広告・情報通信サービス
  • グローバル

Client / Theme顧客 / テーマ

国内中堅SIer/成長戦略およびグローバル展開オプション策定支援

Project Detailプロジェクト 内容

  • クライアントは、既存海外事業の拡大/縮小判断を行うためのオプションを検討。業界構造の変化を踏まえ、本検討により社内役員の危機意識醸成と意思決定促進を企図
  • フーリハン・ローキーは、グローバル戦略検討の前提として、クライアント企業が今後目指すべき姿と成長戦略オプション)から検討することを提案
  • グローバルトッププレイヤーの勝ちパターン分析から、成長の道筋と成功のための要件を明確化
  • 成功要件から、国内外での業界再編により、国内中堅SIerが獲得するべきケイパビリティを特定し、成長戦略オプションを導出。クライアント企業のグローバル化論点を明確化
  • 成長戦略オプション別に当社が3~5年後までに到達すべき姿を具体的に定義

Approachアプローチ

  1. グローバルトッププレイヤーの分析
    • グローバルトッププレイヤーの勝ちパターンを分析、成長ステップと、成功要因を特定
    • 各成長ステップの達成要件を定義
  2. 国内SIerの生き残り戦略
    • グローバルトッププレイヤーの成長ステップから、クライアント競合他社である国内中堅SIerの戦略を評価、国内中堅SIerの成長オプションを特定
  3. 当社の取りうる戦略オプションの策定
    • クライアントの既存グローバル戦略、グローバルアセットを評価。グローバル展開に向けtた論点を明確化
    • 国内外ITサービス企業との業界再編を視野により、当社が獲得すべきケイパビリティの特定と、当社の成長戦略オプションを導出
  4. 3~5年後までに目指す姿の策定
    • 成長戦略オプション別に、3~5年後までにクライアントが経るべき具体的成長ステップと、到達要件を定義。(数値ターゲット、マネジメントモデル、オペレーションモデル等の観点から設定)

Achievement成果

本プロジェクトの検討結果を役員合宿資料とし、役員の危機感醸成に貢献
本合宿をきっかけに、クライアント社内でワーキンググループが組成され、今後の成長戦略・グローバル戦略が検討されている

Project Periodプロジェクト 期間

2017年8-9月(約1.5か月間)