GCAはフーリハン・ローキーグループの一員になりました

Projects実績紹介

大手電機企業による北米HRテック企業プレDD・シナジー分析

  • 事業戦略
  • 新市場参入戦略

Client / Theme顧客 / テーマ

日系大手電機企業/北米HRテックスタートアップ企業のプレDD、シナジー分析、およびサウンディング実施支援

Project Detailプロジェクト 内容

  • クライアントは空調や電気機器設備の製造・販売が主事業で、オフィス空間におけるセンシング、デジタルデータを収集・分析する新事業の展開を模索
  • その一環で、データ分析基盤・ノウハウを獲得すべく人・組織に関する(HR)テックのUSのStart-up企業(対象会社)への提携(将来的な出資を視野)検討を開始
  • フーリハン・ローキーは対象会社が主に事業展開する北米での「ピープルアナリティクス」に関する市場・競合分析、および対象会社の事業性を評価
  • 合わせて、日本市場での事業拡大余地やクライアント企業とのシナジー・ビジネスシナリオを詳細検討
  • 分析結果を踏まえて、対象会社のキーマンとの面談をアレンジ・初期的サウンディングをサポート

Approachアプローチ

  1. 市場分析
    • 北米の「ピープルアナリティクス市場」のセグメントを整理し、市場規模・成長率、トレンドを分析
    • 合わせて日米の市場環境の差異についても整理
  2. ポジショニング・競合分析
    • 対象会社と同規模・同事業の競合企業リストアップ
    • 対象会社の当該市場でのポジショニング(棲み分け)を市場セグメント、企業規模等の観点で整理
    • 各企業の特徴・強みを、製品・サービス、ビジネスエコサイクル(アライアンス)、経営力の観点で整理
  3. 事業性評価
    • 対象会社の売上・収益拡大見込を整理し、結果当該市場で有望プレイヤーである旨提言
  4. シナジー分析・ビジネスシナリオ(案)策定
    • クライアント企業と対象企業との提携で両社が得られるシナジー項目を整理
    • 日米市場環境の差異も踏まえて、両社の提携で実現できる新たなビジネスシナリオ案を複数策定
  5. 初期的サウンディング
    • 対象会社キーマンと面談をアレンジし、シナジー・ビジネスシナリオ案をもとに面談資料作成を支援

Achievement成果

対象企業の事業環境や強みの明確化
作成したビジネスシナリオ案・スケジュールを基に、対象企業との協議へ移行

Project Periodプロジェクト 期間

2020年8月-10月(約2-3か月間)