GCAはフーリハン・ローキーグループの一員になりました

Projects実績紹介

国内の業界再編検討、オリジネーション支援

  • 事業戦略
  • 食料・生活用品
  • グローバル

Client / Theme顧客 / テーマ

国内日用品メーカー/国内同業他社との再編検討

Project Detailプロジェクト 内容

  • クライアントの対象とする市場(国内)は飽和状態にあり、大きな成長は見込めない状況
  • 国内プレイヤーは10社程度に限定され、クライアントも含めた大手4社が市場シェアの7-8割を保有
  • 一方で、飽和状態にある市況の中で、中国勢など規格外品やPB品等の安価製品が侵食し市場シェア伸張
  • クライアントは、国内事業の安定化(過当競争からの脱却)を狙い、国内同業他社の買収を見据え本検討をスタート
  • 本プロジェクトでは、フェーズを2つに分け、業界再編の検討からオリジーネーションまでフーリハン・ローキーにて支援
    Phase 1:提携/買収のターゲットとなる企業の特定、同社との成長シナリオ策定
    Phase 2:ターゲット企業へのアプローチや提携に向けた協議の実施

Approachアプローチ

  1. Phase 1:ターゲット企業の特定
    • 提携・買収の候補先となる対象企業3社のプロファイリング
    • 事業特徴や強み・課題を整理し、クライアントと提携した場合の成長シナリオを策定
    • 狙うシナジー(トップライン/ボトムライン)を詳細化し、効果シミュレーション
    • 各社との戦略オプション(出資、JV、業務提携)を整理の上、各社への訴求ポイントを取り纏め
  2. Phase 2:ターゲット企業へのアプローチ、協議
    • Phase 1で特定した候補企業1社へフーリハン・ローキーネットワークを通じてアプローチ、協議開始
    • 資本提携も見据えながら、両社の特徴を踏まえた具体的な協業領域を両社間で検討
      クライアント:対象製品の専業プレイヤー、海外含め強い販路、製品開発力を有する
      候補企業:幅広い製品ポートフォリオを有し、グローバルオペレーションに強みを有する
    • 最終的に国内・海外事業を含めた資本提携、買収を狙う

Achievement成果

資本提携を見据えたターゲット企業との協議や、 契約締結に向けた検討具体化の開始

Project Periodプロジェクト 期間

2018年8月~継続